精神科遠隔医療

遠隔医療とは通信技術を活用した健康増進、医療、介護に資する行為をいいます。日本の精神医療は、現在、高齢化、医師の偏在、引きこもりなど多くの問題を抱えており、遠隔医療技術によってその多くに対処できる可能性があります。当研究室では、ビデオ会議・WEB会議システムや他の媒体を用いた遠隔医療の臨床研究に取り組んでいます。また、日本遠隔医療学会に2015年より精神科分科会を組織し(代表:岸本泰士郎)全国の多くの先生方と連携した研究活動を行っています。さらに2017年1月より日本医療研究開発機構(AMED)の委託研究として志學館大学、千葉大学、遠隔医療協会との共同研究J-INTEREST(Japanese Initiative for Diagnosis and Treatment Evaluation Research in Telepsychiatry)を開始しました。

精神科遠隔医療プロジェクトホームページ