• Esne Slider
  • Esne Slider
  • Esne Slider

本プロジェクトは、日本医療研究開発機構(AMED)の「ICT 技術や人工知能(AI)等による利活用を見据えた、診療画像等データベース基盤構築に関する研究」として採択されました。「遠隔精神科医療の臨床研究エビデンスの蓄積を通じたガイドライン策定とデータ利活用に向けたデータベース構築」を目指しています。多くの研究室、大学、そして参画企業の協力を得て、2017年1月に始動しました。これまでの精神科医療に遠隔医療技術を取りいれて、患者さんによりよい医療を提供したいと考えています。

精神科遠隔医療
http://www.i2lab.jp/telepsychiarty/

J-INTERESTでは、下記を3大目標として掲げています。

1)精神科診療場面において遠隔医療技術を安全かつ効果的に患者さんに届け、そして患者さんの満足度を確認することを目的とした4つの臨床研究(下記のA-D)を実施します。

A)高齢者に対する遠隔認知機能検査信頼性試験
B)2医療施設間で行ううつ病に対する遠隔認知行動療法 Feasibility study
C)強迫・不安等に対する在宅遠隔認知行動療法のパイロットRCT
D)海外在留邦人に対するコホート調査

2)遠隔医療の長所を生かし、臨床研究のデータベースの在り方について検討し、その基盤となるモデルを構築・運用します。

3)前述の 1)、2)によって得られた知見を通じて、日本の精神科医療全体で遠隔医療技術を適切に運用するためのガイドラインを策定します。

 

「第1回 遠隔精神科医療ガイドライン策定会議」を開催いたしました。

日時:2017年5月11日(木)17:00 (受付) 17:30~19:30

場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス 予防医学校舎 講堂
http://www.med.keio.ac.jp/maps/

American Telemedicine Association(ATA)の協力を得てガイドライン作成することになりました。

 

研究チーム

岸本 泰士郎

研究責任者

慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室 専任講師

研究分担者(五十音順)

飯干 紀代子  志學館大学人間関係学部心理臨床学科 教授
中川 敦夫 慶應義塾大学医学部臨床研究推進センター 教育研修部門長・特任講師
清水 栄司 千葉大学大学院医学研究院認知行動生理学 教授
宮田 裕章 慶應義塾大学医学部医療政策管理学 教授
佐藤 大介 国立保健医療科学院医療・福祉サービス研究部 主任研究官
藤田 卓仙 慶應義塾大学 医学部精神・神経科学教室
東京大学医学部附属病院 医療品質評価学講座
名古屋大学大学院経済学研究科 寄附講座 准教授
三村 將 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 教授
長谷川 高志 特定非営利活動法人日本遠隔医療協会 特任上席研究員

 

研究協力者 他

満田 大 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 特任研究員
加藤 典子 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 特任研究員
中川 彰子 千葉大学子どものこころの発達教育研究センター 特任教授
浅野 憲一 千葉大学子どものこころの発達教育研究センター 特任助教
松本 一記 大阪大学大学院連合小児発達学研究科 大学院生
郡 隆之 特定非営利活動法人日本遠隔医療協会 副理事長
江口 洋子 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 心理士
山縣 文 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 助教
宗 未来 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 助教
野上 和香 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 医師
船木 桂 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 医師
吉田 和生 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 医師
江渕 有希 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 医師
兵頭 沙梨 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 医師
堀込 俊郎 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 医師
吉村 道孝 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 心理士
北沢 桃子 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 心理士
田中 翼 慶應義塾大学病院 学術研究支援課
三上 ひろ美 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
日座 久美子 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
山岡 義尚 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
服部 優美 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
花城 清香 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
﨑山 さつき 慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室

臨床研究員(非常勤職員)の公募について

日本医療研究開発機構(AMED)の「ICT 技術や人工知能(AI)等による利活用を見据えた、診療画像等データベース基盤構築に関する研究」における、下記研究課題に従事する非常勤研究員(若干名)を公募します。

 

研究開発課題名:
「高齢者に対するテレビ会議システムを用いた認知機能の評価の信頼性の検討および満足度調査(新検査版)」

プロジェクト名:
J-INTEREST(Japanese Initiative for Diagnosis and Treatment Evaluation Research in Telepsychiatry)
概要は下記のホームページをご参照ください。
http://www.i2lab.jp/j-interest/  


1. 職名及び人数

心理士(非常勤職員) 若干名

2. 職務内容
臨床研究員
1)患者リクルート、説明同意取得、検査日など日程調整
2)研究に関わる認知機能検査
3)研究に関わる機器の操作(簡易なもの)
4)臨床研究事務局業務(共同研究先および被験者との連絡調整など)
5)その他、必要と認めた業務

3. 勤務場所
慶應義塾大学病院(JR信濃町駅or都営大江戸線国立競技場駅 徒歩5分)

4. 応募資格
1)精神科医療の学習経験のある方(臨床心理学の院生可)
2)高齢者への認知機能検査経験のある方や関心のある方
3)臨床研究、遠隔医療に関心のある方

5. 採用予定年月日
2017年6月以降(できるだけ早い時期・勤務開始日は応相談)

6. 任期
勤務開始日〜2018年3月末日

7. 勤務形態及び給与並びに身分
1) 身分: 慶應義塾大学医学部精神・神経科 臨時職員(非常勤職員)
2) 給与: 時間給 1,400円(学生の場合、応相談)、通勤手当支給
3) 勤務形態:
 勤務日  火、水、金曜日の中から週2〜3日で週20時間以内 (その他の勤務曜日については応相談)
 勤務時間 8:00〜(終了時刻は応相談)

4) 休日: 土曜日(第1・第3)、日曜日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)
5) 保険等: なし

8. 提出書類
1)履歴書(様式自由・写真貼付)
2)心理士資格証の写し(ある方)
3)学位記写(学生の場合は在学証明証か有効期限を証明できる学生証のコピー)
4)職務経歴書(書式自由)
5)研究経歴書(経験のある場合, 書式自由)

9. 選考方法
書類選考及び面接(随時)

※面接については、書類選考合格者に個別に連絡いたします。

10. 提出締切日
随時
※適任者が集まり次第、募集は締め切ります。

11. 応募方法
郵送、メール添付のいずれかにてご応募下さい。応募書類を受け取り後メールにてご連絡いたします。

12. 書類送付先
〒160-8582 
東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部精神・神経科 J-INTEREST研究採用担当 岸本泰士郎(担当:三上)宛
(郵送の場合、封筒に朱書きにて「J-INTEREST非常勤職員 応募書類在中」とお書き下さい。)
TEL:03-5363-3971
Mail:info@i2lab.jp

13. 問合せ先
〒160-8582 
東京都新宿区信濃町35 慶應義塾大学医学部精神・神経科 J-INTEREST研究採用 岸本泰士郎(担当:三上)
TEL:03-5363-3971
Mail:info@i2lab.jp

※業務内容の詳細について事前相談や見学も受け付けております。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文


メッセージの内容はこれでよろしいでしょうか?
よろしければチェックをつけて、送信してください。

 

Contact Info

住所
160-8582
東京都新宿区信濃町35 
慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
MAP

電話
03-5363-3492

info@i2lab.jp
コンタクトフォームが使えない場合はこちらを使用してください