• Esne Slider
  • Esne Slider
  • Esne Slider

研究について

精神科領域における症状の重症度評価は患者さんの自覚症状や評価者の主観的判断に基づきます。時に客観性に乏しい重症度評価は、日常臨床での治療導入の決定や治療効果判定、あるいは治験の大きな障壁となっています。一方で精神医学では気分、集中力、倦怠感といった患者の主観的体験や、他者が観察可能な気分の表出、動作速度などを症状の中心と捉えます。例えばうつ病の患者さんは、表情が暗くなり、声は弱々しく、イントネーションが平板化します。思考は緩慢になり、応答に時間がかかり、発言内容は悲観的なものとなります。このように客観性に乏しい精神症状を、最新のテクノロジーを利用して定量化・可視化することができれば、重症度診断が客観性をもったものになり、治療や治験の質の改善につながります。

本プロジェクトは、日本医療研究開発機構(AMED)の「ICTを活用した診療支援技術研究開発プロジェクト」として採択され、「表情・音声・日常生活活動の定量化から精神症状の客観的評価をリアルタイムで届けるデバイスの開発」を目指しています。研究室や学部、大学の垣根を超え、さらに多くの参画企業の協力を得て、2015年11月に始動しました。従来のカテゴリー診断、DSM-5の新しいディメンジョン診断、さらには米国NIMH主導のresearch domain criteria(RDoC)など、今なお精神科診断が混沌とする状況の中、あるいは精神科領域の治験が困難を極めており一部の製薬企業が精神科領域から撤退を表明している状況の中、デバイスの開発を通じた未来医療の実現のみならず、Computational Psychiatryという新しいアプローチを用いて、精神医学に診断、治療の新しい風を吹き込みたいと考えています。

研究メンバー

岸本 泰士郎

岸本 泰士郎

研究代表者

慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室 専任講師

三村 將

三村 將


慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室
教授
 

榊原 康文

榊原 康文


慶應義塾大学
理工学部
教授

 

Liang Kuo-Ching

Liang Kuo-Ching

慶應義塾大学医学部
精神・神経科学教室
慶應義塾大学理工学部
特任講師

藤田 卓仙

藤田 卓仙

精神・神経科 特任助教
東京大学医学部医療品質評価学講座
特任研究員

名古屋大学経済学研究科
学術研究員

田澤 雄基

田澤 雄基

精神・神経科 助教(専修医)
医学研究科 博士課程
東京都医師会
医療情報検討委員会 委員

北沢 桃子

北沢 桃子

精神・神経科学教室 研究員
医学研究科 博士課程
理化学研究所 JRA
臨床心理士

吉村 道孝

吉村 道孝

医学研究科 博士課程
NCNP精神生理部
臨床心理士

 

 江口 洋子   精神・神経科学教室 心理士
 市丸 佳世   精神・神経科学教室 心理士
 市倉 加奈子   精神・神経科学教室 心理士, 東京医科歯科大学
 山縣 文   精神・神経科学教室 医師
 大澤 茉依   精神・神経科学教室 心理士
 船木 桂   精神・神経科学教室 医師
 大塚   瑠璃子   精神・神経科学教室 医師
 工藤 弘毅   精神・神経科学教室 医師
 堀田 章悟   精神・神経科学教室 心理士
 仙頭 綾子   精神・神経科学教室 心理士
 貝瀬   有里子   精神・神経科学教室 心理士
 服部 優美   精神・神経科学教室 心理士
 花城 清香   精神・神経科学教室 心理士
 﨑山 さつき   精神・神経科学教室 心理士
 嶋貫 由加里   公徳会佐藤病院 精神保健福祉士
 三上   ひろ美   精神・神経科学教室 Research Assistant
 田中 翼   学術研究支援課

研究参画企業



















 

お問い合わせ

 

Contact Info

住所 

160-8582
東京都新宿区信濃町35 
慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
MAP

電話 
03-5363-3492

info@i2lab.jp

コンタクトフォームが使えない場合はこちらを使用してください

 

About our project


Psychiatric assessment of symptom severity is conducted according to patients’ self-report or physicians’ clinical judgement. Assessing severity without objective criteria is a severe barrier to decision making on the courses of treatment, treatment evaluation, or outcome assessment of clinical research. Psychiatrists usually evaluate visible or audible symptoms such as facial expression, action, or voice among their patients, as well as subjective symptoms such as mood, concentration, or fatigue. For example, patients with depressive symptoms show little expression, weak and monotone voice, and slow reaction. Quantification and visualization of subjective psychiatric symptoms using the latest technologies can lead to objective assessment of severity and improvement in the quality of clinical practice and research.

The PROMPT project is supported by “A project for the research and development of auxiliary technology in medical service” of the Japan Agency for medical Research and Development (AMED), and with the goal of developing a device which can deliver real time assessment information on psychiatric symptoms, using technology to quantify facial expression, voice, and action. This project has began in November 2015 with the cooperation from a wide range of research disciplines, laboratories, universities, and business companies. Psychiatric diagnosis is still in a state of confusion due to the development of Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders -fifth edition- (DSM-V) by the American Psychiatry Association (APA) and Research Domain Criteria (RDoC) by National Institute of Mental Health (NIMH). The difficulty of assessment and treatment have caused withdrawal of some pharmaceutical companies from the development of cures for psychiatric diseases. We aim to bring a wave to the future with the use of electronic device and psychiatric diagnostics using computational psychiatry as a new paradigm for psychiatric treatment.

Member

20160905new profile en

Supporting company




    














 

Contact us

 

Contact Info

Address & Phone

Keio University School of Medicine
35 Shinanomachi, Shinjuku-ku, Tokyo 160-8582
+81 (3) 5363-3492

MAP